30代後半の平均年収(35歳~39歳)

  • 30代後半(35歳・36歳・37歳・38歳・39歳)
  • 平均年収:447.8万円
  • 男性年収:527.6万円
  • 女性年収:313.8万円

2018年(平成30年)の30代後半(34歳~39歳)の平均年収、男女別、過去の年収も公開。

30代後半の平均年収推移

35歳~39歳の平均年収推移

35歳~39歳の男女別年収推移

推移一覧表

年代合計男性女性
2018年447.8万円527.6万円313.8万円
2017年442.2万円517.3万円312.5万円
2016年432.8万円511.7万円299.9万円
2015年432.3万円509.5万円299.2万円
2014年425.1万円502.1万円292.5万円
2013年425.0万円498.9万円296.6万円
2012年382.0万円430.9万円296.9万円
2011年385.1万円433.8万円296.0万円
2010年384.3万円431.7万円299.4万円
2009年377.2万円427.3万円290.7万円
2008年398.4万円453.3万円300.7万円
2007年406.3万円463.4万円299.9万円
2006年404.1万円460.5万円298.5万円
2005年405.4万円457.7万円300.9万円
2004年406.9万円463.1万円296.0万円

※国税庁の民間給与実態統計調査結果の統計データより

30代後半の事業所規模別年収

規模合計男性女性
10人未満350.4万円423.2万円242.4万円
10人以上400.6万円469.1万円263.8万円
30人以上435.3万円322.1万円496.0万円
100人以上439.3万円508.1万円328.2万円
500人以上481.5万円561.0万円357.6万円
1000人以上518.1万円611.6万円359.6万円
5000人以上530.8万円665.0万円318.8万円

※国税庁の民間給与実態統計調査結果の統計データより

30代後半の業種別平均年収

30代後半(35歳・36歳・37歳・38歳・39歳)1位は、電気・ガス・熱供給・水道業の661万円で、2位は金融業・保険業の659万円、3位は情報通信業の591万円と続きます。

 業種平均年収
建設473.4万円
製造510.3万円
卸売・小売393.9万円
宿泊・飲食301.8万円
金融・保険659.1万円
不動産451.5万円
運輸・郵便452.8万円
電気・ガス・水道661.7万円
情報通信591.6万円
教育・学習支援502.1万円
医療・福祉389.2万円
複合サービス事業429.8万円
サービス業396.3万円
農林・水産342.7万円

※国税庁の民間給与実態統計調査結果の統計データより

30代前半の平均年収手取り

国税庁の「民間給与実態統計調査結果」から1年を通じて勤務した給与所得者の30代後半(35歳・36歳・37歳・38歳・39歳)平均給与から算出した平均年収を「デジットさんの手取り計算 (法的控除額のシミュレーション)」を用いて、推定手取り額を割り出しました。

夫婦2人のサラリーマンの場合(配偶者有り、扶養無し)

平均年収手取り 363.9万円(447.8万円)、
男性年収手取り 422.8万円(527.6万円)、
女性年収手取り 253.6万円(313.8万円)

※()内は推定年収値

独身サラリーマンの場合(配偶者無し、扶養無し)

平均年収手取り 361.5万円
男性年収手取り 418.2万円
女性年収手取り 258.0万円

関連リンク

年代・年齢別の平均年収

30歳代の平均年収と年収中央値

タイトルとURLをコピーしました